ホーム > お知らせ(活動報告)

お知らせ

上月教授が執筆した「そうだったんだ! リハビリテーション」(文光堂)発刊!

12月17日(土)付で上月教授が執筆した「そうだったんだ! リハビリテーション」(文光堂)を発刊しました。上月教授が依頼されてすべてを執筆したもので、リハビリに馴染みのない一般医向けに作られた、受け持ち患者をリハビリの現場へつなげるための指南書です。読後ただちに患者に指導でき、「さらなる名医」になれる一冊です。本書の出版にあたっては、文光堂の佐藤真二様はじめ関係者の皆様に大変お世話になりました。

本書が、質・量ともに優れたリハビリの普及と発展に貢献する一助となることを期待します。

 

内容紹介(文光堂広告より)

リハビリをちょっとだけ知って,「さらなる名医」になる!

超高齢社会の現代においては,内科治療で内臓機能を維持できても,足腰が弱って生活範囲が狭くなってくる患者,内科疾患による障害に加えて,変形性関節症など運動器疾患による重複障害を抱えた患者など,リハビリが必要になる患者がかかりつけ医のもとに訪れるようになってきている.本書は,リハビリに馴染みのない一般医向けに作られた,受け持ち患者をリハビリの現場へつなげるための指南書である.リハビリを全く知らない読者でも容易に理解でき,読後ただちに患者に指導できるように構成されている.しかも特別な器具も使わず,診察室や往診先で思い立ったらすぐ指導できる内容にもなっている.患者の生活機能や運動機能を改善できる「さらなる名医」になれる一冊.

 

%e5%9b%b31